ポッター調査隊

今回のポッター調査隊は代用陶器のボタンと戦争中のお話を伺ってきたよ。

ぼく、ポッターくんのなつやすみのじゆうけんきゅうとして、ばんこやきにかかわる方々かたがたにおはなしをうかがっているよ。
したのリンクをクリックしてね!

伊藤博いとうひろしさん:戦争せんそうとばんこやき 代用陶器だいようとうきのボタン


※「代用陶器だいようとうき」については、「ばんこやき歴史れきし」の「せんそうとばんこやき」のところを読んでみてね!



榊原純宏さかきばらすみひろさん:”われない”なべのかいはつ


※「なべ」については、「代表的だいひょうてきなばんこやき」の「なべ」のところを読んでみてね!


せんそうとばんこやき代用陶器だいようとうきのボタン 

おはなしをうかがったのは:伊藤博いとうひろしさん (萬古商業会館勤務ばんこしょうぎょうかいかんきんむ


 伊藤いとうさんは四日市よっかいちうまれの四日市よっかいちそだち。
 代用陶器だいようとうきのボタンがくばられたとうじは中学生ちゅうがくせいになったばっかりだったそうだよ。



ばんこやきのボタンがくばられたのは、昭和しょうわ20年4月、ぼくが四日市よっかいち商業学校しょうぎょうがっこう旧制中学きゅうせいちゅうがく・いまの橋北中学校きょうほくちゅうがっこうのところにあった)に入学にゅうがくしてすぐのころ。

当時とうじ太平洋戦争たいへいようせんそうまっただなか。日本にほん兵器へいきにつかう金属きんぞくがたりなくなり、ありとあらゆる金属きんぞくがあつめられました。

画像がぞう:ばんこの里会館さとかいかん 展示室てんじしつ陶製とうせいボタン」>

てらのかね、おなべややかん、ぶつだんのおりん、ばちなど町中まちじゅうからあつめられた金属きんぞくが、いまの橋北小学校きょうほくしょうがっこう当時とうじ第7国民学校だい こくみんがっこう)の運動場うんどうじょうやまのようにつまれていました。金属製品きんぞくせいひんをかくしもっていることがゆるされないきびしい時代じだいでした。

ぼくたちも入学にゅうがくそうそう、先生せんせいに「あした、はりいとをもってこい!」といわれ、つぎの日にせいふくのボタン、校章こうしょうはすべてぼっしゅうされ、そのかわりにくばられたばんこやきのボタンと校章こうしょうをそれぞれぬいつけました。

そのころすでに上空じょうくうにはB29(※アメリカのばくげき)がばんばんとんでいました。

画像がぞう:「ふるさと橋北きょうほく」より>

てきである欧米おうべいにかんすることや、たたかうことにふてきせつなことはダメとされていたので、教科書きょうかしょも3分の2がくろぬり。どちらにしても空襲警報くうしゅうけいほうがおおくて授業じゅぎょうどころではありませんでした。しばらくたつとぼくたち中学生ちゅうがくせいも「学徒動員がくとどういん」で、現在げんざい三滝公園みたきこうえんのばしょにあった<東洋紡績四日市工場とうようぼうせきよっかいちこうじょうにあった飛行機の工場へはたらきにいきました。女子じょしは、ひこうきの部品ぶひんのかどをとる作業さぎょう、ぼくたちは部品ぶひんをはこぶ作業さぎょう食料しょくりょうすくなくなっていましたから、まずわずではたらきました。

ぼくのお母さんは洋裁ようさいがとくいだったので、よるもねないで軍服ぐんぷくをつくっていました。ミシンだけはそういう理由りゆう金属きんぞくだけれどもぼっしゅうされなかったんです。

その年の6月18日の未明みめい、1回目かいめの「四日市空襲よっかいちくうしゅう」がありました。

警報けいほうがなりひびき、B29ばくげきからつぎつぎにおとされる焼夷弾しょういだんの中、必死ひっしになって海蔵川かいぞうがわのていぼうを西にし西にしへとはしってにげました。ぼくの家族かぞくは、りょうしんとおばあちゃん、兄弟きょうだい4人なんとかみんなたすかりましたが、5人の同級生どうきゅうせい焼夷弾しょういだんちょくげきされてくなったと後からききました。ぼくがなかよくしていたおさななじみもそのうちの1人でした。

画像がぞう:「ふるさと橋北きょうほく」」より>

があけて、だんだんまわりがえるようになると、あたりにはごくのような光景こうけいがひろがっていました。三滝川みたきがわの中にはたくさんの死体したいと、不発ふはつだったたくさんの焼夷弾しょういだんがブスブスとつきささっていて、近鉄きんてつのせんろから東側ひがしがわ野原のはらになっていました。防空壕ぼうくうごうへにげた人たちもいましたが、まわりが野原のはらになるくらいだったので防空壕ぼうくうごうのなかもすごいあつさっだったんでしょう。おおくがなくなりました。本当ほんとうによくきていたなとおもいます。そのときの空襲くうしゅうがすべてにきえるまで1週間しゅうかんかかりました。学校、ひこうきの部品工場、海軍かいぐん燃料廠ねんりょうしょうなどおおきなたてものはほとんど消失しました。

僕たち家族はしんせきをたよって疎開そかいした四郷でせいかつしました。海軍かいぐん燃料廠ねんりょうしょうやせんとう工場こうじょうのあった四日市よっかいちはそのあとも6/22、6/26、7/9、7/24、7/28と計6回の空襲くうしゅうを受けました。同級生の多くも犠牲になりました。ぼくも疎開先そかいさきからあるいて学校がっこうにいってはやけあとの整理せいり同級生どうきゅうせいへの連絡れんらくなどをしていましたが、せんとう襲撃しゅうげきをうけることもありました。まわりはすべてやけてしまっていて避難ひなんするところもなく、必死ひっしになってにげたのをおぼえています。

そのなつ、8月15日に終戦しゅうせん

ラジオからながれる玉音放送ぎょくおんほうそうをみんなでききました。お母さんが「今日きょうからやっとられる」とつぶやいたのが印象的いんしょうてきでした。

ばんこやきでも、手りゅう弾や硝酸しょうさんをつかった爆弾ばくだん容器ようきなどの兵器へいきにつかう陶器とうき試作しさくがされていたようですが、実用化じつようかされるまえに終戦しゅうせんになったようです。

とにかく大変たいへん時代じだいでした。


“われない”なべのかいはつ

おはなしをうかがったのは:榊原純宏さかきばらすみひろさん (榊原窯業所さかきばらようぎょうしょ

ばんこ代表だいひょうするせいひんの1つである「なべ」。
げんざい、国内こくないでつくられるなべの70~80%がばんこやきといわれているよ。なべの一大産地いちだいさんちとなるきっかけが、昭和しょうわ30年代ねんだいにつくられた「陶孫鍋とうそんなべ」。”われないなべ”といわれる理由りゆう開発かいはつまでのおはなしをうかがったよ。



さかきばらさん:ちち会社かいしゃは、おもに輸出ゆしゅつむけのばんこやきつくっていました。あるとき、アメリカのバイヤーからクリスマスに七面鳥しちめんちょうをのせるためのおおきなおさら注文ちゅうもんがありました。とてもよくれたので、自社じしゃ原料げんりょうからつちをつくる土工場つちこうじょうや60メートルものトンネルがまなど、大量たいりょうつくるための設備せつびをたてました。ところが、しばらくしてほかの産地さんちで、うちのをまねた商品しょうひんをやすくりはじめたので、注文ちゅうもんが入らなくなってしまったんです。

せっかく設備せつび人手ひとで用意よういしたのに、かんじんのくものがなくなってしまい、ちちあたまをかかえました。

<輸出用の大皿>

なにかかわりとなる製品せいひんつけなければ…。 そんなとき、たまたまテレビの料理番組料理番組で「なべ料理りょうり」をにしました。しかし当時とうじは、一般家庭いっぱんかてい台所だいどころ熱源ねつげんすみまきをつかうかまどからガスコンロにかわったばかりのころで、それまでのなべではガスのつよい火力かりょくにたえきれずにすぐにわれてしまうということがよくありました。
すると、いっしょにみていたちちが「なべ…ええなぁ。そうだ、ガスの火力かりょくでもわれないなべをつくったらいいやないか!」と。
それから私達わたしたちの“われないなべ”の開発かいはつがはじまりました。


ポッターくん:“われないなべ”というのはガスのつよ火力かりょくにもたえられて、われないという意味いみだったんですね!

さかきばらさん:そうなんです。
そもそも、なぜなべはわれるんだろう?てつのなべはガスのつよ火力かりょくでもわれないのはなぜだろう?
わたしは、ものがねっせられたときにふくらむ「熱膨張ねつぼうちょう」という現象げんしょうがカギだとおもいました。 金属きんぞくのなべは、うすいしねつつたわりやすい。ねつをくわえると、なべ全体ぜんたい膨張ぼうちょうし、変形へんけいにもたえられる。
一方いっぽうで、なべはあついし、ねつつたわるのがおそいため、のあたっているところと、あたっていないところで、温度差おんどさがでて膨張ぼうちょうにもがでてわれてしまう。
それなら、なべにねつをくわえても膨張ぼうちょうしにくくしたらいいのではないか?

ねつをくわえても膨張ぼうちょうしない原料げんりょうをさがしていたら、会社かいしゃでいっしょに開発かいはつをたんとうしていた森滉一もりこういちさんが「ペタライトはどうや?」と提案してくれました。

ペタライトはリチウムをふくむ鉱物こうぶつで、ゆうやく原料げんりょうとしては使つかわれていましたが、つちにまぜて製品化せいひんかしたのは、たぶん私達わたしたちがはじめてだとおもいます。

<展示室にあるペタライト>

ペタライトは日本にほんではとれないので、ローデシア(現在げんざいのジンバブエ)からブロックじょうのペタライトをとりよせました。すこしピンクがかった透明とうめいいしでとてもきれいでしたが、とてもかたいいしでした。

そこからつちづくりがはじまりました。
ペタライトを粉砕ふんさいして、粘土ねんどやほかの原料げんりょうとの割合わりあい収縮しゅうしゅく作業性さぎょうせい生産せいさんコストなど、かんがえながら何度なんど調合ちょうごうして、試行錯誤しこうさくごをくりかえしました。自社じしゃ土工場つちこうじょうがあったのがつよみでしたね。
2~3ねんほどしてやっとガスの火力かりょくにもたえられる「陶孫鍋とうそんなべ」が完成かんせいしました。

<陶孫鍋>

ポッターくん:それで全国ぜんこく大人気だいにんきになったんですね!

さかきばらさん:ところが、はじめはなかなかれなかったんです。
りだしたのは昭和しょうわ34ねんだったんですが、当時とうじのふつうの6すんやく18cm)のなべが30えん陶孫鍋とうそんなべはおなじサイズで800えんと2倍以上ばいいじょう。「そんなものれるわけない」とはじめは問屋とんやさんに相手あいてにされませんでした。

交渉こうしょうのすえ、各地かくち販売はんばいしてもらえる問屋とんやさんができ、ガスの火力かりょくでもわれないというひょうばんがひろがると、どんどんれるようになりました。単一商品たんいつしょうひんとしてはれいのないりょうれました。24時間じかん365にちトンネルがまでやきました。
ちち陶孫鍋とうそんなべのパンフレットに「にかけて、万が一まんがいちわれたら新品しんぴんとこうかんします」というぶんをいれたんですが、けっきょく一度いちどもこうかんのクレームはありませんでした。

陶孫鍋とうそんなべのパンフレット>



ポッターくん:そのご、さかきばら窯業所ようぎょうしょさんにつづいて、ペタライトりのなべをつくるばんこやきのかまもとがふえていきました。
特許とっきょ(あたらしいアイデアをかんがえたひと権利けんりをまもるもの。特許とっきょがみとめられると20年間ねんかんはその特許とっきょ勝手かってにつかわれないように保護ほごされるよ)をとらなかったのはなぜですか?

さかきばらさん:ほかのかまもと積極的せっきょくてきつくりかたをつたえたわけではありませんでしたが、ちちは「自然しぜん情報じょうほうがひろまってばんこやきのブランド商品しょうひんになればいい」とかんがえていました。
そのころのばんこやきは、ほかの産地さんち模造品もぞうひんもあり、ばんこやきとして特徴的とくちょうてきなものがすくなかったようです。

ポッターくん:ペタライト入りの耐熱土たいねつどは、なべだけでなく、さまざまな耐熱陶器たいねつとうき開発かいはつへとつながっていますね。
さかきばらさん:結果けっかでしかありませんが、もしわたしたちの開発かいはつしたなべが多少たしょうなりとも貢献こうけんできたんだとしたら、うれしいです。