展示室

※展示室は10:00からです。

常設展示室

展示室奥の常設展示室では、江戸時代から現在につながる萬古焼を展示しております。

 

企画展示室

展示室手前の企画展示室では、毎回各テーマに沿って様々な展示を行っています。

開催中:「四日市萬古焼伝統工芸士展 萬古の技」

  • 開催日時:2022年4月29日(祝)~2022年7月3日(日)10:00-17:00
    ※休館日を除く
    ※新型コロナウイルス感染拡大状況により日程を変更させていただく可能性がございます。
  • 伝統的工芸品としての「四日市萬古焼」
    受け継がれ、磨かれてきた伝統工芸士の技-
    本展では、現役で活躍する伝統工芸士9名の作品をご覧いただけます。(展示販売)
    三重県内の伝統的工芸品の紹介。
  • 参加伝統工芸士:伊藤 実山/伊藤 美月/清水  潮/清水  潤/清水 醉月/舘  正規/森  一蔵/森 伊呂久/山田 東華
  • こちらのページからも企画展の様子をご覧いただけます。

次回開催予定:「ポッターズライブラリ―2022」

開催日時:2022年7月16日(土)~2022年8月28日(日)10:00-17:00※休館日を除く



展示室の閉室期間について

下記の期間は展示入れ替えのため、展示室をご利用いただけません。ご不便をお掛けしますが、ご了承くださいませ。

  • 2022年4月23日(土)~4月28日(木)
  • 2022年7月4日(月)~7月15日(金)
  • 2022年8月29日(月)~9月2日(金)
  • 2022年10月31日(月)~11月11日(金)
  • 2023年1月23日(月)~2月3日(金)


展示用古萬古作品等の寄贈のお願い

 ばんこの里会館(萬古陶磁器振興協同組合連合会)では現在、陶祖・沼波弄山翁の生誕300年から開窯300年を記念し、より多くの皆様へ萬古焼の魅力を発信し後世につなげていく目的でBANKO300th事業を展開しております。
 財政状況の厳しい中ではございますが、ご来館の皆様により多くの素晴らしい萬古焼作品をご覧いただければと考えております。つきましては、以下の萬古焼を所有される皆様に寄贈のご協力をいただければ幸いです。
 なお、萬古焼の鑑定等はお受けできませんので、ご了承ください。

  • 古萬古(特に盛盞瓶や赤絵の作品)
  • 有節萬古(特に腥臙脂釉のもの)
  • 三助など名工の作品
  • 山忠製の萬古焼
  • ノベルティー製品
<お問い合わせ>

ばんこの里会館
電話:059-330-2020
メール:bankonosato@m2.cty-net.ne.jp